投資は投資英語を覚えるよりも投資回収計画を

投資をするのであれば色々なことを勉強しなければいけませんが、その中にも優先順位というものがあります。
何かを疎かにしていいということはありませんが、優先順位の高いものを後回しにして低いものから勉強をしても収益は良くなりません。
投資をする時に投資英語を勉強することは、世界が広がるので悪いことではありませんが投資英語が直ちに収支に直結するのかというとそのようなことはなく、むしろあまり影響がない場合のほうが大半となります。
基本的な知識がしっかり身についた上で、投資英語を勉強するのであればそれを活かすことができる機会も増えてきますが、基本がしっかりしていないのに投資英語を覚えても無駄が大きなものとなってしまいます。

投資をする時には投資回収計画をしっかりと立てたほうが、収支は向上しやすくなります。
投資回収計画をしっかりと立てておけば、投資が上手くいくにしても上手く行かなかったにしても無駄にお金をなくしてしまうということはありません。
無計画に投資をしていれば上手く行くこともあるかもしれませんが、逆に損をしなくても良い損失を出してしまうということもありえるので投資回収計画はしっかりと立てる必要があります。

投資をする場合、利益のことを考えすぎては失敗してしまいますが、最低限投資をした分のお金だけは回収をしたいものですからその部分をしっかりと回収することができる計画を立てるというのは非常に重要な事になります。
そのため、投資英語を覚えるよりも計画を立ててそれにもとづいて取引を行うということがまず優先される事項であり、そこで上手く行けばさらに知識を深めるために投資英語などを勉強するというのは悪いものではありません。