帝国電機製作所に関する投資情報と世界の日本企業

株式会社帝国電機製作所は、兵庫県たつの市に本社を置く日本の機械メーカーです。「完全無漏洩ポンプ」という、液体が決して漏れない構造のポンプを手掛ける最大手企業です。同社の事業展開は日本国内にとどまりません。米国・ドイツ・中国・台湾・韓国・シンガポールおよびバーレーンにも拠点を置き、海外展開にも力を入れています。帝国電機製作所はその株式を東証1部に上場しているため、一般の個人投資家でもその株式を入手するのは容易です。
ではここで、帝国電機株の過去1年間の値動きを簡単に振り返ってみましょう。日本の株式市場における最初の取引日となった2015年1月5日、同社の株価は1,318円という始値でスタートし、後場の終わりには1,312円という終値でその日の取引を終了しました。また、この日の場中には1,328円という高値を記録します。残念なことに、これはこの1年間における年初来高値であり、株価はこのあと下落する一方となりました。9月7日には711円という年初来安値を記録します。これは年初に付けた株価を50%以上も下回る値です。つまり、8か月の間に同社の株価は半値以下にまで下落してしまいました。その後、年末に向けていくらか回復したとはいえ、株価は1,000円台をさえ取り戻せずにいます。2015年12月30日、帝国電機株の1年最後の終値は962円です。
投資家の中には、株価が下がっている時こそ買いのチャンスであると考える人もいます。同社株の単元株数は100株ですから、10万円ほどの投資により株式を購入できます。また、200株以上を保有する株主に対しては、図書カードやカタログギフトなどを進呈する株主優待制度が実施されています。